2007年03月21日

どうして?

「ギターなのですか?」

私の使っている楽器がマンドリンの特徴である丸いボディーでない事に対してのご質問でした。専門的な説明をする時間もなく、とっさに「生きていく為です」って夢のない答え方をしてしまいました(反省)。…フラットのボディー(ギタータイプ)にしたのは聴いて頂く方に楽しんで頂けるように考えたものです。カポを使って色々なキーで演奏したり、マンドリン属の特徴であるピックによる演奏だけでなく指で弾いたりもできます。最長120分のライブ、楽器1本でもお客様が飽きない為の工夫がいっぱいなのです。そんな苦労をしながらの演奏にお客様のご感想は…

「ギターの演奏感動しました!」

だからギターじゃないってば(苦笑)。
posted by jiji_music at 15:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 曲紹介(裏話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「その楽器、何?」
「なんでその楽器にしたん?」

数え切れないくらい質問されました(笑)

想いはあれど、答えはいつも同じです…

「カッコイイから!」
Posted by hsm at 2007年03月21日 23:49
そういえばギター以外の弦楽器って生演奏聴いたことないですね・・

聴いてみたいですね〜
Posted by りょ〜 at 2007年03月22日 01:31
>hsmくん
私が死んだら後のことはまかすぞ!
この音楽(楽器)を極めてくれ〜
この楽器を持っている全国の7人に言いたい!

しかし、なかなか理解してもらえないよね。
何十年もして「こんな音楽が存在していた」と
もてはやされても生きとるかどうかわからんし。
CDは多重録音だと思われてしまうので、
生で(目の前で)聴いてもらうしかないのです。
頑張りましょう!

>りょ〜さん
こんにちは!
機会がありましたらぜひ聴いてみて下さい。
マンドリンのコンサートは全国どこでも
やっていると思います。もしかしたら
私の作品が演奏されているかもです(笑)。

これから宜しくお願い致します。
Posted by ジジ at 2007年03月22日 09:04
>>しかし、なかなか理解してもらえないよね。

楽器の名前が付いていない、ということも一つの原因かも?
Posted by まるよし at 2007年03月24日 04:25
>まるよしさん

そうなんですよね。アメリカではマンドチェロで通じると思うのですが、日本ではラウンドのイメージになってしまいます。いっそ8弦ギターでのマンドリン奏法という事にしておきたいところです。しかしそれではマンドリンメジャー化の力にはなりません…。そもそも楽器の名前は形が優先なのか?弦の数なのか?それとも奏法なのか?わからなくなりました(笑)。
Posted by ジジ at 2007年03月24日 08:18
ありっ。楽器の名前はフラットマンドチェロではなぃんですか??(゚□゚;)

ジジさんのセロ独奏の大ファンからすればわかりにくいからって8弦ギターって言ってしまぅのだけは大反対ですっ(> <)
このセロで多彩な表現を開拓してはるのに。。。

マンドリン音楽を知らない人にももっと認知度があがるよぅに応援してますよー!!!!

☆CGDGファン大阪代表より☆
Posted by aki at 2007年03月24日 09:42
akiさんありがとう

そうですよね〜チェロ(セロ)で弾くことに意味がある訳で(^^;。東京で行われた弦楽器フェアに出品した時に「リュートにすれば(10弦)もっと音楽が広がるのでは?」とアドバイスを頂きましたが、私は自分の演奏だけでなく多くの方にもセロの独奏をしてほしいと思い「マンドリン界で使われているセロで音楽をしたいのです」と言ってました。ただお仕事の都合でギターのボディーなのです(^^;。だから私が普通のセロで弾くとマンドリン関係者の方は凄く驚かれますが、私の楽器に形以外の仕掛けはないのです(録音機や拡声機が仕掛けてあると言うおばちゃんもいたな)。皆さんと同じ楽器、セロはもっと可能性のある楽器なのです!
Posted by ジジ at 2007年03月25日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387362068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック