2015年02月18日

別れの出会い

今日はマンドロンチェロ独奏曲として作りました「別れの出会い」
の曲解説をさせて頂こうと思います。昨年、東京で開催された
「マンドロンチェロの集い」のお土産として作った曲なのですが、
あるイベントでちょうどラウンドチェロが我が家にあり、
この楽器の音色からメロディが出てきました。この楽器、
現在手元にないので写真はまた後日こちらにアップしたいと
思います。さらにこの曲は昨年末の大宰府でのイベントで
マンドリン(マンドラ)、ギターにもアレンジし、共演して
頂いた方々にプレゼントさせてもらいました。また現在は
歌詞を付けて7月25日開催のほろ酔いコンサートで発表する
予定でもあります。とても思い入れのある曲でついつい
使い回しをしてしまっている次第です(笑)。さて不思議な
タイトルなのでよく「出会い」「別れ」どちらを歌って
いるのか?とご質問を受けます。この曲にはこんな想いが
あります。

人生はいろんな人との出会いの連続です。初めて母に出会い、
父、兄弟、友だち、また祖父や祖母の存在にも出会います。
学校に行けばたくさんの友だちに出会い、社会人になると
同僚・上司・お客さんなどさらに数えきれないほどの人と
出会っていきます。私もこれまで音楽を通して奇跡的な出会いを
してきました。しかしこんなにたくさんの出会いも永遠では
ありません。いづれ別れはやってきます。その別れの時に
「寂しい」とか「悲しい」という気持ちがわいてくれば、
それは自分にとっていい出会いだったという証拠だと思います。
だから出会いを大切にして育てていきたいですね。

そんな想いで書いた曲です。直接のレッスンなら一回で
マスターできる曲ですし、文章によるアドバイスでも弾ける
ようになると思います。ぜひこの曲と出会い、弾いて
頂ければ嬉しいです。そしてこの曲を通して皆様と
出会いができればと思っています。
posted by jiji_music at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする