2006年09月30日

光のダンス-4

楽譜を持っているのに弾く気になれない方の為の講座です(苦笑)。

さて7小節目からですが、ここは後半のストロークで使われているメロディーですね。印象に残るような演奏をして頂けたらと思っています。6小節目の4拍目から4−1、2−3、4−1、2−3、4−1とグループを作ってトレモロをします。この時の低音についている2分音符はG・D線を流すように弾いてメロディーのトレモロを始めます。

7『ソレシ…、ミファ、ラミラ…、ミファ』

2分音符をしっかり弾いてその上にメロディーがのっかるように弾くと綺麗に聴こえます。いかがですか?
posted by jiji_music at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

BLACK OUT

宣伝も兼ねて公表します。
CONCERT1961での私の新曲のタイトルです。

http://www.concert1961.com/

『PASSION』に続く新シリーズ第2弾!
う〜ん、内容はまたご説明致します。
…ってまだ完成してませんので(苦笑)。


みなさ〜ん、2007年2月17日(土曜日)は神戸新聞松方ホールに集合です。もうすっごい事やりますから(笑)。学生さんはお小遣いを貯めておいて下さいね。チケットは11月発売予定です。事前に私に打診された方はなんとか席が確保できるように努力しますのでぜひご来場下さいねっ♪
posted by jiji_music at 19:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 曲紹介(裏話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

光のダンス−3

4小節の4拍めからはトレモロです♪

メロディーに伴奏が付くので「げぇっ?」と思われる方も多いようです。しかしすごく簡単なんですよ。やらないだけでやればできるのです!では4小節めの4拍めからスローで再現してみます…

4『ド…レ…』
5『レララ…、シラ…、ドラ…、ド…レ…』
6『レラシ…ラ…、♭シソ…、レラファ…、ミ…ファ…』

5小節めは3弦レから流すようにラのトレモロを始めます。2拍めはそしてシを弾いてすぐにアップでラを弾きトレモロを続けます(実際にメロディーのラはダウン1つ分抜けますが、マンドリンは複弦なのでメロディーが繋がって聴こえる訳です)。下の音は音符の長さ分、指を離さずに響かせておくのがポイントです。6小節めもこんな感じで弾きます。ねっ!意外に簡単でしょ?

わからなかったらご遠慮なくご質問下さい。
posted by jiji_music at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

光のダンス−2

※マンドラとマンドリン向けの解説となっておりますのでご了承下さい(チェロの方、ごめんなさい)。

H=ハンマーオン
弦を弾いた後、左指を指板に叩きつけるようにして次の音を出します。

P=プリングオフ
弦を弾いた後、左指でひっかくようにして次の音を出します。

つまり3小節めは、ソの音を弾いた直後にラの音を3の指で叩きつけるようにして出します。そして素早く弦をひっかくようにしてソの音を出します。ひとつのピッキングで3つの音を出しています。張り切って強すぎる音にならないよう注意しましょう。
posted by jiji_music at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

光のダンス−1

お約束の奏法解説をさせて頂きます。

この曲はまずいきなりのHar.(ハーモニクス)です。私はHar.が大好きなんです。全ての音をHar.で弾きたいぐらいです。そう言えば「笑う白フクロウ」はそうやったな(笑)。

最近りっぱなチューナーが普及してHar.チューニングする機会が少なくなってきました。その為にHar.を出せる学生さんが減っているようです。特殊奏法?と言われる事も…(苦笑)。

さて冒頭はB弦7フレットを使って音を出します。弦に優しく触れ、ブリッジ寄りの所をピッキングします。弦に触っている指に振動が来たら素早く離します。うまくタイミングをつかんでしっかり響かせて下さいね。

数字に○がついているのは弦の場所を(@は1弦E線)、その後の数字はフレットの場所を(B7だったらD線ラの所)書いてあります。

2小節めからまずピッキングでメロディーが出てきます。ここ勝負ですよね。もちろんマンドリンはトレモロが特長なのですが、ピッキングの良さも理解してほしいです。いいピッキングは人の心をぐっと掴みます。

H、Pについては(ホームページじゃないよ(^^;)また後日に…
posted by jiji_music at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする